本文へスキップ

南紀白浜、世界遺産の高野山、熊野古道、熊野三山へは観光タクシーが便利でお得です…

電話でのお問い合わせは0739-42-2916

お問い合わせはこちら⇩

本宮~新宮~那智山エリアhongu-shingu-natisan AREA

南紀白浜から熊野古道中辺路ルートで熊野本宮大社へ…(※本宮までの詳細は→本宮のページをご覧下さい)
そして、これより熊野川沿いの国道168線を新宮方面へ走り速玉大社、那智大社、那智の滝などから勝浦温泉へと向かいます。途中ちょっと気分を変えて※ウォータージェット船で瀞渓観光や昔ながらの小さな川船に乗り語り部さんのガイドで世界遺産の熊野川(川の古道)を楽しむ事も出来るコースでもあります。
 又、本宮大社~那智大社間には大雲取り小雲取り越えの古道ルート(下記マップ参照)があります。昔は那智大社に参拝後、帰路として本宮まで戻る主なルートであったようです。2日間を要し途中小口辺りで宿泊しながら厳しい二つの峠越えのコースになりますが、本格的に熊野古道を歩きたい方にはお勧めのコースになります。

モデルコース (行程はエリア内の主な箇所となり各々の滞在時間により立ち寄る事が出来ない事もございます)
白浜~本宮~新宮~勝浦 7時間(片道コース)
白浜温泉=滝尻王子=中辺路(道の駅)…箸折り峠/牛馬童子…近露王子=野中一方杉、継桜王子=小広王子=熊野本宮大社、大斎原=船着き場~川舟~権現河原…新宮速玉大社=神倉神社=勝浦温泉
白浜~熊野三山~白浜 8時間(往復コース)
白浜温泉=滝尻王子=中辺路(道の駅)…箸折り峠/牛馬童子…近露王子=野中一方杉、継桜王子=小広王子=熊野本宮大社、大斎原=熊野速玉大社=熊野那智大社=串本=白浜温泉
=タクシー移動= ……徒歩…… ~船~ Ⓟ駐車場

川の古道を川舟で下ります⇒Map川舟(乗船場)新宮速玉大社までの2時間ほどの舟下り
ジェット船で瀞峡めぐり⇒Map志古(ジェット船乗船場) 往復2時間ほどの渓谷めぐり